抗がん剤には副作用があるけど、適切な方法でその副作用を抑える

遠くを見ている女性

癌治療に関する知識

自分が癌になるなどまったく考えられない、と思っている方も多いでしょうが癌は誰でもなる可能性がある病気です。日本人の死亡原因の多くを占めているのも癌ですし、二人に一人が生涯で一度は癌になる可能性があるとも言われています。癌の治療方法にもいろいろありますが、治療を受け始める前にある程度の知識を得ておくことは大切です。どのような治療法があるかくらいはせめて知っておきましょう。大きく分けると手術、放射線治療、抗がん剤治療となります。手軽に始められるのはやはり抗がん剤治療で、人気のある治療法と言えるでしょう。抗がん剤治療では副作用とも戦わなくてはなりませんが、近年では副作用も相当抑えられているみたいです。

薬物療法の一つである抗がん剤治療ですが、抗がん剤治療を受けるには病院で治療プランを立てる必要があります。手術だけですべての癌を取り除くことができない場合や、術後の再発防止のために抗がん剤治療が行われますが、これはドクターと患者によって綿密な治療プランを立てたうえで進められていきます。抗がん剤治療においては投薬と休止のタイミングを細かく決めなくてはなりませんし、投薬と休止のサイクルをプランとして制作します。このサイクルを繰り返しながら治療を続けていくというわけです。抗がん剤そのものは個人輸入代行業者から購入するといこともできますが、治療のプランはドクターと一緒になって考えることが普通ですから注意しましょう。