抗がん剤には副作用があるけど、適切な方法でその副作用を抑える

遠くを見ている女性

抗がん剤副作用の特徴

風邪薬を飲んだら睡魔に襲われてしまった、頭痛薬を飲んだらお腹が痛くなった、といった経験をしたことがある方も多いと思います。こうした症状はいわゆる薬の副作用である可能性が高く、どのような薬にも副作用は存在します。癌の治療に用いられる抗がん剤でもそれは同じで、特に抗がん剤は副作用が強いと言われてきました。副作用が強いため抗がん剤の投与を避けていたような方もいますし、それだけ副作用が強いという印象は大きいのでしょう。現在では医学もより進歩していますし、近年における抗がん剤は副作用もだいぶ弱まっています。昔よりも副作用は弱くなっていますし、安心して使えるようになっています。今後はもっと安心して使えるようになるかもしれません。

数あるがん治療の中でも抗がん剤治療の発展は目覚ましいものがあります。かつては抗がん剤治療で生じる副作用の苦しさなどばかりクローズアップされていましたが、最近の抗がん剤は副作用も少なくなっていますし、体に優しくなっています。癌における薬物療法の歴史はそれほど長くありませんし、まだ50年にも届いていません。それにも関わらずどんどん進歩していますし、副作用も軽減しています。今後はますます癌治療への研究は進むでしょうし、抗がん剤治療の研究も進んでいくのではないでしょうか。いずれはほとんど副作用のない薬が誕生するかもしれませんし、もしかすると薬や手術でなくても癌を治療できるような方法が誕生するのかもしれません。